エキスパンドメタルとは? 寸法・重量など 注文時の注意
定 尺 重 量 表
JIS記号 メッシュ寸法(o) ストランド寸法(o) 単位重量(s/u) 一枚の重量(kg)
3 X 6 4 X 8 5 X 10
SW LW T W 1,672u 2,972u 4,645u
Gタイプ XG11
XG12
XG13
XG14
34 135.4 4.5 7.0 14.5 24.2 43.1 67.4
34 135.4 6.0 7.0 19.4 32.4 57.7 90.1
34 135.4 6.0 9.0 24.9 41.6 74.0 116
34 135.4 8.0 9.0 33.2 55.5 98.7 154
XG21
XG22
XG23
XG24
36 101.6 4.5 7.0 13.7 22.9 40.7 63.6
36 101.6 6.0 7.0 18.3 30.6 54.4 85.0
36 101.6 6.0 9.0 23.6 39.5 70.1 110
36 101.6 8.0 9.0 31.4 52.5 93.3 146
Sタイプ XS31
XS32
XS33
12 30.5 1.2 1.5 2.36 3.95 7.01
12 30.5 1.6 2.0 4.19 7.01 12.5
12 30.5 2.3 3.0 9.03 15.1 26.8
XS41
XS42
XS43
22 50.8 1.6 2.0 2.28 3.81 6.78
22 50.8 2.3 2.5 4.10 6.86 12.2
22 50.8 3.2 3.5 8.00 13.4 23.8
XS61
XS62
XS63
34 76.2 2.3 3.0 3.19 5.33 9.48
34 76.2 3.2 4.0 5.91 9.88 17.6
34 76.2 4.5 5.0 10.40 17.4 30.9 48.3


淡 灰 は常時在庫品(標準品)
濃 灰 はメッキ常時在庫品
白 色 別注品(納期2,3日程度)

上記の表の他に

●Sタイプの XS50番台、70番台、80番台についてもお問い合わせ下さい。

XF≪フラットタイプ≫→XSシリーズを圧延ロールをかけることにより、網目全体をフラットにした
 エキスパンドメタル( XS30番台、40番台、60番台が標準 )もご相談に応じます。

メッキ品ステンレス製品についても承ります。

あらゆる寸法切断についてもご要望に応じます。



寸法許容差
SWの許容差 ± 5%
LWの許容差 ± 2mm
S の許容差 −0 +25mm
L の許容差 鋼板のJISに示す値
T の許容差 鋼板のJISに示す値
W の許容差 ± 10%
横 曲 が り 1000mmに対して5mm以下とし、全長に対して
5mm×(長さo/100o)以下とする
長さの偏差
XG 100mmにつき 6mm以下
XS 100mmにつき10mm以下



重量の算出法

エキスパンドメタルの重量は、表示の寸法を用いて算出します。
単位重量(kg/u)は、次式により算出し、上位3ケタの数値に丸めます。

重量の算出法
エキスパンドメタルの単位重量 鋼板の単位重量 ÷ 引 伸 率
鋼 板 の 単 位 重 量 7.85 × T (kg/u)
引    伸    率 SW  ÷  2W (小数点以下2ケタの数値に丸める)
板    厚    (mm)
SW メッシュの短目方向中心間距離(mm)
刻み幅 または 送り幅

エキスパンドメタル1枚の重量は、単位重量に面積(u)を乗じたものとします。
面積は上位から4ケタの数値に、1枚の重量は上位から3ケタの数値に丸めます。
総重量は、エキスパンドメタル1枚の重量に同一寸法の製品の枚数を乗じたものとし、
kgの整数値に丸めます。



エキスパンドメタルの角度,開口率,表面積の算出方法

SW:メッシュの短目方向中心間距離
LW:メッシュの長目方向中心間距離
T:板厚
W:刻み幅(送り幅)
B:ボンド長さ

ストランド:メッシュの細い部分
ボンド:メッシュの交差している太い部分
ボンド切断 :網目に合せたボンド部でのL寸法の切断
フルメッシュ:網目に合せたボンド部でのL寸法の切断

乱切断:網目に関係なしのストランド部分での切断
タタミ目:製品寸法 L×S で L<S の形状の製品(後述参照)
ソロバン目:製品寸法 L×S で L>S の形状の製品(後述参照)
<
亀甲形:エキスパンドメタルのボンド部の長いメッシュの形状(XG10番台等)
菱形:エキスパンドメタルのボンド部の短いメッシュの形状